【生産性向上#006】ディスプレイを増やして業務効率・生産性を上げる【デュアルディスプレイ】

生産性向上#006として、デュアルディスプレイを提案します。
本記事では

  • デュアルディスプレイとは
  • デュアルディスプレイのメリット
  • デュアルディスプレイのやり方、設定
  • モバイルモニターの紹介

を行います。

またディスプレイの解像度の設定を見直していただくことで
字がぼやけている場合解消されたり、作業範囲の拡大をすることができる可能性があります。

ディスプレイを増やして業務効率・生産性を上げる

デュアルディスプレイをご存じでしょうか。
デスクトップパソコン・ノートパソコン いずれも出力端子があればディスプレイを2台以上接続することができます。
この機能を使うことで一説には平均42%の生産性が向上するとのことです。
(出典元:https://www.steelcase.com/research/articles/how-multiple-monitors-affect-productivity-and-wellbeing/)

  • 複数のアプリを並行して扱う・切り替える場合、切り替え時間の削減
  • 文書・マニュアルを見ながら作業を 大画面でできるため生産性の向上

以上のメリットがあります。

設定の仕方

パソコン側に出力端子があるか確認してください。


確認できれば、ディスプレイを調達しましょう。
現在よく購入しているのは24インチでFHD(1920×1080の解像度)です。
事務であれば現状十分と考えております。

接続できましたら、

デスクトップ 何もないところで右クリック
“ディスプレイ設定(D)”をクリック

  1. プルダウン“表示画面を拡張する”を選択
  2. ディスプレイ①、②の移動・入れ替えをドラッグで変更できます
    例えば実ディスプレイ ①が左、②が右の場合は左右に並び替えてください
    上下に設置する場合画像のように、上下に並べることをオススメします
    変更しましたら“適用”をクリック
  3. 選択されているディスプレイをメインのデスクトップにします
    (追加したディスプレイをメインにしたいときにチェック)

このとき、

  • ディスプレイの解像度が“推奨”になっているか
  • 画面の向きの変更の有無

を確認して必要であれば変更してください。
字やアイコンなどを大きくしたい場合
“テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する”を現在選択されている値より大きい値を設定してください

字がぼやけている、画面がハッキリとしていない場合、上記“ディスプレイの解像度”の設定で解決することがありますのでご確認ください。

また拡張・複製の設定は“Winキー”+”P”から選択することもできます。
プレゼン中などで素早く切り替えたいときはこちらを活用ください。

モバイルモニターの紹介

最近ではモバイルモニターという商品もあります。
携帯性に優れるため、

  • 説明会
  • 出張
  • 営業・デモ

など持ち運びが必要な方際にオススメです。

感想

私はさらにモニターアームを利用しています。

モニターアームを使うことによってさらに柔軟な高さや位置の調整ができます。
回転することができますので、先述の画面の向きを縦に変更することで縦長のページや資料の閲覧をより最適化することが可能です。
また90度回転することで、体を横にしながら動画閲覧・ツイッターなどもしやすくなります。
スマホに比べてハンズフリーで快適に視聴できますのでオススメです。


実際に導入される際は場所(スペース)の確認・確保をお願いいたします。
また1画面で収まる作業をする場合はサブディスプレイの電源を切って集中することをオススメします。
うまく利用して生産性をあげてください!!

これからもこのような形で生産性を上げるためのモノ・コトを紹介していきたいと考えています。
またこのシステムってどうなの?こんなことしたいけどどんなパソコン買えばいいの?など質問もコメントにて受付しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました